産毛の脱毛は時間がかかる?産毛に効果的な脱毛方法やメリットを紹介

産毛の脱毛は時間がかかる?産毛に効果的な脱毛方法やメリットを紹介

脱毛をしていると、産毛がなかなか無くならないなと感じたことはありませんか。

産毛がなかなか脱毛出来ない理由の一つに、毛が細く薄いため、太い毛の脱毛より脱毛機が反応しにくいということが挙げられます。

そのため、産毛には”細い毛・薄い毛”に適した脱毛機を使用することで効果を高めることが出来ます。

今回は、産毛の脱毛に効果的な脱毛機・脱毛のしくみ・おすすめな脱毛サロン・医療脱毛クリニックについて紹介していきます。

そもそも産毛の脱毛は効果実感まで時間がかかる

産毛の脱毛が、効果を実感するまでに時間がかかる理由について詳しくみていきましょう。
産毛・白髪は抜けにくい

脱毛の光やレーザーは、メラニン色素に反応する仕組みになっています。

<そのため、産毛のように薄く細い毛は、メラニン色素が薄いため脱毛機が太い毛より反応しにくくなっているため効果を実感しにくいのです。

手足などに生える普通の太さの毛は2~3回ほどで効果実感できますが、産毛の場合は5回以上は様子をみる必要があります。

少ない回数で済ませたい場合は、産毛に適した脱毛機を使用するのがベストです。

次は、産毛に効果のある脱毛機について詳しく解説していきます。

産毛脱毛におすすめな脱毛方法・脱毛機はこの5つ!

産毛脱毛する時は細い毛に適した脱毛機器である以下の5種類を選びましょう。

※脱毛方法をタップすると、それぞれの解説までスクロールします

種類回数痛み金髪・白髪硬毛化相場
【クリニック】ソプラノソプラノ◎4~5回◎弱い◎効果あり〇しにくい△7~8万円
【クリニック】メディオスターNeXTメディオスター NeXT PRO◎5~6回◎弱い〇やや効果あり〇しにくい〇5~6万円
【サロン】SHR脱毛SHR脱毛△8~10回◎弱い◎効果あり△ややしやすい◎2~3万円
【クリニック】ライトシェア・デュエットライトシェア・デュエット〇7~8回△やや強い◎効果あり〇しにくい〇5~6万円
【クリニック】ジェントルYAGジェントルYAG◎3~4回×強い〇やや効果あり〇しにくい〇5~6万円
※相場は全身脱毛1回分の平均金額

上記の5種類の脱毛機は、毛の色素以外でダメージを与えることが出来るので産毛のアプローチが可能です。

中でもYAGレーザーは産毛の脱毛に特におすすめの脱毛機です。

それでは産毛の効果のある脱毛機の特徴を一つ一つ紹介していきます。

【PR】キングスサロン

キングスサロンのバナー
  •  完全個室のセルフ脱毛サロン
  •  脱毛機の使用時間を選ぶだけのシンプルプラン
  •  次回の予約と支払いで施術料金半額
料金 施術間隔 キャンセル料 脱毛機
20分:3,500円
50分:7,000円
2週間に1回 前日:無料
当日:利用料金の50%
BEAT FLASH
(OPT脱毛)

毛根周辺に働きかけるソプラノ

ソプラノ 照射後すぐに冷却

-ソプラノの特徴-

特徴項目
効果までの回数ニコニコ4~5回
痛みニコニコほぼ痛みなし
白髪・金髪冷や汗期待できない
硬毛化ニコニコしにくい
料金相場(全身脱毛1回)冷や汗&口笛7万~8万円

ソプラノも仕組み自体は、先の2つの脱毛方法(SHR脱毛/メディオスターNeXT PRO)と同じです。

毛根ではなく毛根周辺を保護している毛穴部分に働きかけます。

毛そのものに作用しないので、濃さや太さに関係なく脱毛できるのです。

照射と同時に冷却するため、何回も照射が必要な産毛の多い部位への負担も軽減されます。

毛の成長をストップさせるメディオスター NeXT PRO

メディオスターNeXT PRO

-メディオスター NeXT PROの特徴-

特徴項目
効果までの回数ノーマル5~6回
痛みニコニコほぼ痛みなし
白髪・金髪舌をペロッ少し期待できる
硬毛化ニコニコしにくい
料金相場(全身脱毛1回)スマイル5万~6万円

メディオスター NeXT PROも先ほどのSHR脱毛と同じく、毛の成長を促す部分に働きかけて毛の成長をストップさせます。

毛の太さには左右されないので、剛毛~産毛、どのような毛にも適しています。

また照射時の温度はおよそ60℃までしか上がらないので、ほとんど痛みを感じません。

光を蓄えて照射するSHR脱毛

SHR脱毛 毛そのものには刺激を与えない

-SHR脱毛の特徴-

特徴項目
効果までの回数冷や汗&口笛8~10回
痛みニコニコ強い痛みなし
金髪・白髪ニコニコ効果あり
硬毛化冷や汗ややしやすい
料金相場(全身脱毛1回)ニコニコ2万~3万円

SHR脱毛は毛の生成を促す部分(※バルジ領域)に作用するため、毛の濃さや色は関係なく脱毛できる仕組みです。

そのためメラニン色素の薄い産毛や白髪などの脱毛にも脱毛効果を発揮します。

ただし医療レーザーに比べると照射力は弱く、効果実感までに時間がかかるのでおよそ10回ほどの施術が必要です。

毛の濃さに合わせて調節できるライトシェアデュエット

ライトシェアデュエット

-ライトシェアデュエットの特徴-

特徴項目
効果までの回数ノーマル7~8回
痛み舌をペロッ少しある
金髪・白髪ニコニコ効果あり
硬毛化ニコニコしにくい
料金相場(全身脱毛1回)スマイル5万~6万円

ライトシェアデュエットは毛の濃さに合わせて出力を調節できるという特徴があります。

また2種類の照射口を持っているのもライトシェアデュエットの特徴の一つです。

  •  吸引式ヘッド:産毛の毛根を確実にとらえる
  •  小さいヘッド:鼻下や口周り等、狭い部分も照射

脱毛したい部分に合わせてヘッドを替えられるので、より効率的に産毛脱毛できます。

剛毛から産毛まで効果があるジェントルYAG

レーザーの波長

-YAGレーザーの特徴-

特徴項目
効果までの回数目がハート3~4回
痛み泣いてる痛い
金髪・白髪ノーマル少し効果あり
硬毛化ニコニコしにくい
料金相場(全身脱毛1回)スマイル5万~6万円

ジェントルYAGは波長が他のレーザーより長いため、剛毛だけでなく産毛への効果も期待できるのが特徴です。

他の脱毛より多少痛みが強めですが、毛根にしっかりダメージを与えていくので効果をしっかり感じることが出来ます。

産毛脱毛の肌へのメリット5つ

産毛脱毛で得られる効果5つ

産毛が特に多い部位といえば、顔です。

顔の産毛を、キレイに脱毛してあげることで肌のトーンが明るく見え、美肌効果が期待できます。

  •  毛穴が引き締まる
  •  肌のハリツヤ感がUPする
  •  肌のトーンが明るくなる
  •  吹き出物や肌荒れができにくくなる
  •  化粧ノリが良くなる

産毛を脱毛すると、毛穴が引き締まりだんだんと見た目や肌触りが変わってきます。

また、産毛を処理するために肌にカミソリをあてる必要もないので、カミソリ負けや肌荒れの心配もなくなります。

最近化粧ノリが悪い
毛穴詰まりのブツブツに困っている
肌荒れが酷い

などのお悩みを抱えている人は、産毛を脱毛することで美肌効果が期待できます。

産毛脱毛をもっと細かく教えて!6つの疑問にお答えします

脱毛クリームは産毛にも使える?

脱毛クリーム(除毛クリーム)は、背中や指の毛などの細かい産毛処理に向いてるのは事実です。

ただ毛を溶かすほどの刺激があるため、顔などの皮膚の薄い箇所への使用は避けてください。

また腕や足などに使用する場合でも、できるだけ保湿成分で肌をガードしてくれる、アロエなどの植物成分が配合されてるクリームがおすすめです。

産毛を自宅で処理する際のおすすめの方法は?

自宅での産毛処理はトリマー(電動シェーバー)がベストです。

毛の生えてる方向に沿って、刃を動かしましょう。

柔らかい産毛はしなりやすく、通常のカミソリだと余計な力が入って、必要な角質までを落す可能性がありおすすめできません。

トリマーなら肌ダメージがないわけではありませんが、深剃りすることがないので安全です。

また、顔などの産毛を取り除く商品として”クリームを塗って剥がすパック”がありますが、肌が乾燥して毛穴が開きやすくなるので注意して下さい。

自宅で産毛処理したあとのセルフケアの仕方は?

産毛処理の後は必ず冷却・保湿をしてください。

産毛に限らず、ムダ毛処理をした後の肌は非常にデリケートな状態なので、アフターケアを怠ると乾燥や炎症を引き起こす原因になります。

産毛の処理をしたら冷たいタオル等で肌を冷やし、セラミドなどの保湿成分が入った化粧水などでお手入れをしましょう。

硬毛化してしまった場合はどうすればいい?

もし産毛を脱毛で硬毛化をした場合は、使用している脱毛機を替えてみましょう。

人によって硬毛化しやすい波長や熱量が異なるため、脱毛機(波長)を変えることで硬毛化が改善できる場合があります。

また照射レベルが高いほど硬毛化のリスクは低くなるので、照射レベルの高いYAGレーザーの脱毛機に切り替えるのもおすすめです。

産毛脱毛ってどのくらいの回数でツルツルになる?

先ほど紹介した種類の方法・機器であれば、5~6回ほどで産毛が減っていきます。

ただしツルツルを目指すとなると10回以上は回数が必要です。

方法によっても多少の差はありますが、産毛脱毛は普通の毛よりも多く照射する必要があると思っておきましょう。

ワックスで顔の産毛を処理してもいい?

顔の産毛をワックスで処理するのは危険なのでおすすめしません。

ワックスでのムダ毛処理は手軽ですが、必要な角質も剥がしてしまう恐れがあります。

使用する場合は月1~2回に留め、足などの部位で使用してからしましょう。

なかなか抜けきれない産毛も、細い毛・薄い毛に適した脱毛方法を選ぶことで、キレイに除去できることがわかりました。
最後に、産毛の脱毛方法についてのまとめを確認しましょう。

  •  サロン:SHR脱毛
    ⇒毛の生える力を抑えるイトシェアデュエット
  •  クリニック:ライトシェアデュエット
    ⇒産毛に合わせて出力を調節
  •  クリニック:メディオスター NeXT PRO
    ⇒低温のレーザーで毛の成長をストップ
  •  クリニック:ソプラノ
    ⇒毛根を囲んでいる部分に作用
  •  クリニック:YAGレーザー
    ⇒長い波長で効果抜群

これまで脱毛しても産毛だけ残ってしまうという人は、もう一度脱毛方法を見直すことをおすすめします。
産毛の脱毛は必ず産毛に合った方法で行うということを覚えておきましょう。